研修会・セミナー

登録日:2019.10.30

事業部セミナー:行政不服申立実務研修①〜行政不服審査手続における口頭意見陳述の活用について〜

特定行政書士の行政不服審査手続について、その実務を行うために必要となる知識・スキルの習得を目指す研修を行います。
第1回目となる今回は、設定事例に基づいた行政不服審査手続にかかる口頭意見陳述を中心とした実務研修を行います。
研修は講義の他、設定事例に基づいた模擬口頭意見陳述等を進行し、実際の口頭意見陳述の現場を知る研修講師により、関連手続きの確認等の解説を挟む形式で実施します。
 講師は、現役の行政不服審査会委員であり、(一財)行政管理研究センターで行政機関職員向けの研修等を担当されていた、新潟大学法学部 准教授の田中良弘先生を講師にお招きします。講師は、検察官の経験もある現役の弁護士でもあり、行政書士業務と行政不服申立のこれからについて、行政機関側と不服申立側の視点、行政手続法による事前救済の論点、近時の事例等のデータ、行政書士業務の想定事例や講師の経験を交えながらご講義いただきます。
 本研修は、行政書士が知っておくべき内容も多く、特定付記(特定行政書士)の有無にかかわらず、奮ってご参加ください。

研修会名 行政不服申立実務研修①〜行政不服審査手続における口頭意見陳述の活用について〜
開催日時 2019年12月03日 13:30~16:00
場所 大阪府行政書士会 大会議室
講師 新潟大学法学部 准教授・弁護士 田中 良弘 様
費用 受講料:500円  別途資料代:実費
対象者 会員または補助者《補助者届を提出している方に限ります》
※会員の方は会員証の提示を求める場合があります。また、補助者の方は補助者証の提示を求めますので、必ず携帯しておいてください。
定員 120名《定員になり次第締め切ります。》
申込方法 会場設営・資料準備等の都合上、期限までに事務局へお申し込みください。
申込期限 令和元年11月28日(木)
備考 本研修の受講は、特定の付記を受けた方(特定行政書士)や、特定の付記を検討されている方以外の方も対象としています。
オンライン申し込み
前ページへ戻る

ページのトップへ