研修会・セミナー

登録日:2019.12.26

事業部セミナー:交通事故関連業務で期待される行政書士の役割

交通事故関連業務は、地域の行政書士の市民法務において遺言・相続、成年後見などと共に重要な業務の一つです。今回は、弁護士の立場から、行政書士に期待される交通事故業務の役割と弁護士との協力体制づくり、ADRも含めた事故解決に必要な基礎的な知識、理論、スキル等について具体的事例や重要判例などを交え講義していただきます。
 講師は、兵庫県弁護士会会長などを歴任され、交通事故事件に豊富な経験をもっておられる弁護士の鈴木尉久先生をお招きいたします。大変分りやすく、勇気づけられる講義です。皆様、奮ってご参加ください。

研修会名 交通事故関連業務で期待される行政書士の役割
開催日時 2020年02月06日 13:30~16:30
場所 大阪府行政書士会 大会議室
講師 兵庫県弁護士会 会員 鈴木 尉久 様
費用 受講料:500円  別途資料代:実費
対象者 会員または補助者《補助者届を提出している方に限ります》
※会員の方は会員証の提示を求める場合があります。また、補助者の方は補助者証の提示を求めますので、必ず携帯しておいてください。
定員 120名《定員になり次第締め切ります》
申込方法 会場設営・資料準備等の都合上、期限までに事務局へお申し込みください。
申込期限 令和2年2月3日(月)
備考 事業部/第5業務部門「交通事故関連手続研究プロジェクトチーム」では、交通事故業務に関する会員の悩みや疑問など個別相談を受け付けています。ご希望の方は、研修終了後、又はオンライン申込画面の「通信・質問欄」に「相談希望」と書いてご送信ください。FAXでお申し込みの場合は、下の研修申込書を使用してご送信ください。
オンライン申し込み
前ページへ戻る

ページのトップへ