研修会・セミナー

登録日:2017.02.01

<ノンセクション研修>:行政不服申立実務研修③〜行政書士業務におけるこれからの行政不服審査手続について〜

特定行政書士制度がスタートし、行政不服申立手続について、その実務を行うために必要となる知識・スキルの習得を目指す研修を行います。
第3回目となる今回は、現役の行政不服審査会委員であり、(一財)行政管理研究センターで行政機関職員向けの研修等を担当されている、新潟大学法学部 准教授あり一橋大学大学院 准教授でもあられる 田中良弘先生を講師にお招きします。講師は検察官の経験もある現役の弁護士でもあり、行政書士業務と行政不服申立のこれからについて、行政機関側と不服申立側の視点、行政手続法による事前救済の論点、近時の事例等のデータ、行政書士業務の想定事例や講師の経験を交えながらご講義いただきます。
本研修は、行政書士が知っておくべき内容も多く、特定付記(特定行政書士)の有無にかかわらず、奮ってご参加ください。

研修会名 行政不服申立実務研修③〜行政書士業務におけるこれからの行政不服審査手続について〜
開催日時 2017年02月23日 13:30~16:00
場所 大阪府行政書士会館 大会議室
講師 新潟大学法学部 准教授・弁護士 田中 良弘 様
費用 資料代実費 ≪受講料は無料です≫
対象者 会員または補助者
《補助者届を提出している方に限ります》
※補助者証の提示を求める場合がありますので、必ず携帯しておいてください。
定員 120名《定員になり次第締め切ります》
申 込 先 会場設営・資料準備等の都合上、期限までにオンラインまたはFAXにてお申し込みください。
申込期限 平成29年2月20日(月)
備考 本研修の受講は、特定の付記を受けた方(特定行政書士)や、特定の付記を検討されている方以外の方も対象としています。
※ 募集は、締め切りました。
前ページへ戻る

ページのトップへ