研修会・セミナー

登録日:2018.07.30

<事業部セミナー>:障害者の「親なきあと」とは 〜行政書士ができること〜

障害者の子がいる家庭にとって、親が面倒をみられなくなったあと、つまり「親なきあと」は共通の、そして終わりのないテーマです。
そこにはどのような課題があるのか、行政書士は支援者として携わることができるのか、任意後見、遺言、相談業務の可能性などについて取り上げます。

研修会名 障害者の「親なきあと」とは 〜行政書士ができること〜
開催日時 2018年08月21日 13:30~16:30
場所 大阪府行政書士会 大会議室
講師 東京都行政書士会 渡部 伸 会員
費用 受講料:500円  別途資料代:実費
対象者 会員または補助者《補助者届を提出している方に限ります》
※会員の方は会員証の提示を求める場合があります。また、補助者の方は補助者証の提示を求めますので、必ず携帯しておいてください。
定員 120名《定員になり次第締め切ります》
申込方法 会場設営・資料準備等の都合上、期限までに事務局へお申し込みください。
申込期限 平成30年8月16日(木)
備考 ・6月18日(月)の振り替えになります。
・前回申し込みされた方も、再度お申し込みください。(再度、先着順となります。)
※ 募集は、締め切りました。
前ページへ戻る

ページのトップへ