研修会・セミナー

登録日:2018.08.31

法務研究会:平成30年度 自賠責研究会勉強会 第2回目 事例報告会② 「後遺障害診断書の読み解き方」

本年度より法務研究会自賠責研究会では、自賠責保険の事例報告会シリーズをスタートすることになりました。今年の2月26日に行われた本会事業部研修『〜行政書士が行う事実証明業務としての〜「交通事故発生状況報告書」作成セミナー』の実践編として位置付けられるものです。
2回目の今回は、後遺障害診断書の読み解き方次第で等級がアップした事例を取り上げます。
事例1:むち打ち症。 事例2:頚椎骨折。
上記本会研修に参加された方、また、交通事故実務の経験があるなしにかかわらず、事実証明業務に関心のある方はぜひご参加ください。

研修会名 平成30年度 自賠責研究会勉強会 第2回目 事例報告会② 「後遺障害診断書の読み解き方」
開催日時 2018年09月18日 17:00~19:00
場所 大阪府行政書士会 第二大会議室
講師 松永 典弘 会員(法務研究会会員、自賠責研究会メンバー)
費用 参加費 法務研究会会員は無料  法務研究会会員でない方は500円
資料代 実費
対象者 行政書士会会員
定員 30名
申込方法 下記の申込みフォームより、必要事項を記入してお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/cf404a53581653
自動送信される受付メールをプリントアウトして、当日受付でお渡しください。
申込期限 平成30年9月14日(金) 午後5時30分まで
備考 上記申込期限までに定員に達した場合は先に締め切ることがあります。
前ページへ戻る

ページのトップへ