研修会・セミナー

登録日:2018.09.27

法務研究会:平成30年度 自賠責研究会勉強会 第3回「調査事務所(損害保険料率算出機構)等の仕事のあらましについて」

本年度の法務研究会第3回自賠責研究会勉強会は、損害保険会社の調査業務部門や調査事務所(損害保険料率算出機構)で長年にわたる貴重な経験をお持ちの先生にお話をお聞きします。
交通事故の損害賠償に関しては、自賠責保険、示談代行付自動車保険、任意・自賠責一括払制度、調査事務所(損保料率機構)における自賠損害調査等によるしくみができており、そこで調査事務所や任意保険会社の担当者がどのように仕事を進めているのかについて、その概要を知っておけば、依頼者からの相談や説明に幅を持った対応ができるでしょう。質問があれば、事前に受け付けますので、お申込後メールでお送りください。
1.事故発生から解決まで〜一括払担当者の仕事のあらまし〜
2.後遺障害の認定・異議申立について〜調査事務所の担当者の仕事のあらまし〜
3.質疑応答

研修会名 平成30年度 自賠責研究会勉強会 第3回「調査事務所(損害保険料率算出機構)等の仕事のあらましについて」
開催日時 2018年10月25日 17:30~19:30
場所 大阪府行政書士会 第二大会議室
講師 加治 幸雄 会員(法務研究会会員)
<プロフィール>1974年同和火災海上保険(現あいおいニッセイ同和損害保険)入社後、1981年〜2004年同社損害調査部門にて、主に自動車保険損害調査業務に携わる。近畿、九州、四国で損害サービスセンター長、中四国損害サービス部副部長を歴任。
2004年〜2016年 損害保険料率算出機構にて、主に、後遺障害認定業務に携わる。大阪、和歌山で調査事務所勤務、近畿本部勤務、和歌山調査事務所認定課長を歴任。
2016〜2018年 自賠責保険・共済紛争処理機構大阪支部事務局にて勤務。後遺障害事案担当。
費用 参加費:法務研究会会員 無料 法務研究会会員でない方は500円
資料代:実費
対象者 行政書士会会員
定員 30名
申込方法 下記の申込みフォームより、必要事項を記入してお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/0f689c6b584678
自動送信される受付メールをプリントアウトして当日受付でお渡しください。
申込期限 参加申込 平成30年10月22日(月)午後7時まで
質問受付 平成30年10月18日(木)午後7時まで
*質問の提出方法はお申込受付完了メールにてご案内いたします。
備考 上記申込期限までに定員に達した場合は先に締め切ることがあります。
*お申込後のキャンセルについて:可能な限り申込期限までにhoumukenkyukai@yahoo.co.jp(世話人 細谷)までご連絡ください。
前ページへ戻る

ページのトップへ